TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/23のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/20)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、前半は日米の中央銀行の政策決定会合を控えて
様子見ムードが強く、小動きが続きました。

注目の日銀金融政策決定会合では、「イールドカーブ・コントロール(長短金利操作)」と
「オーバーシュート型コミットメント」という新たな緩和政策を打ち出したものの、
市場が期待したマイナス金利の深堀りなどは見送られたため、
発表直後こそは102円台後半まで円安に振れたものの、
その後は円高に反応する動きとなりました。
さらに、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)では市場の予想通り現状維持を決めたために、
週後半には100円台前半まで円高が進む動きとなり、101円水準で週を越えています。

テクニカルで見ると、今回も先行スパンの雲がドルの上値を抑え、
反落に結びついた形となっています。
雲の下限が、当面102円水準にあることからドルの戻りは
限られてしまい、再び100円を割れるリスクが意識されそうです。

ただし、米国の利上げが12月に行われるとの期待がドルを下支えすると
考えられることから、急激なドル/円の下落は難しいように思われます。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes