TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/5のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/5のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/8/22)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方は先週の流れを引き継ぎ
104円台でスタートしたものの、軟調気味に推移し、
正午前に伝わった黒田日銀総裁のコメントなどを受け、
103円半ばに下落する動きとなりました。

黒田総裁は都内で講演し、金融政策で意識すべきなのは、
限界ではなくコストとベネフィットの比較であるとの見解を示したものの、
追加緩和をイメージさせる内容でなかったことが
ドル売りに繋がったと指摘されます。

この動きで、MACDは売り転換しており、
欧州時間以降のドル売りを支持する形となっています。

欧州時間でも、ドル安流れが続き103円前半まで下落しています。
NY時間では、米国がレーバーデーの祝日のため米金融市場は休場であり、
取引参加者も少なく、ドル/円は103円台前半で小動きが続きました。

103円水準では押し目買い意欲もあり、一段の下押しには繋がらず、
MACDを見ても買い転換して引けていることから、
本日東京時間でも103円台を維持した動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes