TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/5)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方はドルのショートカバーが先行し
103円台後半まで値を戻したものの、正午前に一部報道で浜田内閣官房参与が
「日銀は米連邦公開市場委員会(FOMC)前の追加緩 和は控えるべき」との
認識を示したと伝わったことを受け103円30銭水準まで急落しました。

その後、欧州時間スタートでは103円台前半での小動きが続きましたが、
テクニカルで見るとこの時間帯にはMACDが既に売り転換しており、
海外時間でのドルの下落を先取りしていたことがわかります。

NY時間に入り発表された8月の米ISM非製造業景況指数が
51.4となり、前月の55.5から低下、市場予想の55.0も
下回ったことを受けドル売りに流れが強まりました。
先週発表のISM製造業景況指数が既に悪化していたことに加え、
先週末公表の雇用統計もさえない内容だったことから、
米連邦準備制度理事会(FRB)が9月にも利上げに踏み切るのでは
ないかとの観測が一段と後退したとの指摘があります。
この流れで、ボリンジャーバンドを一気にした抜き
一時101円94銭まで下落しました。

ただし、FRBによる年内利上げの思惑は根強く残っており、
ドルの押し目買い意欲も強いようです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes