TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/7/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/7/1のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/27)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、前週に英国の国民投票でEU離脱派が勝利したことで
ドルが大きく売り込まれた反動もあり、全般にドルショートカバーの地合が続きました。
英国にEU離脱はマーケットに大きなショックを与えたものの、世界経済に与える影響は
短期では織り込みにくく、先行きの不透明感だけが不安を高めるものであり、
すぐにリスク・オフが強まるという見方には否定的な向きが多かったようです。

ドルは103円台まで値を戻しましたが、この水準からは上値が重く、
102円半ばまで押し戻されて週を越えています。

テクニカルで見ると、一目均衡表では完全にドル売りの形状となっており、
この流れは当面変化しないように思われます。
ただし、RSIが切り上がってきていることから、
短期的な強い下押しも目先は難しそうに見えます。

今週は、6日に利上げ見送りを決定した6月14-15日開催の連邦公開市場委員会
(FOMC)議事録公表があり、8日には米雇用統計の発表があります。
市場の焦点は、日米の金融政策へと戻ってきており、
7月の米利上げ見送りは織り込まれているものの、
年内の利上げについてヒントとなる可能性もあり注目されます。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes