TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/30のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/30のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。

拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は方向感がない相場ながら
103円の重さを意識して102円半ばまで緩やかに軟化しました。
月末・四半期末ということもあり、仲値公示付近では
実需筋のフローが観測されましたが、輸出企業のドル売りと、
輸入企業のドル買いがほぼ拮抗し、相場に大きな影響はありませんでした。

欧州時間でも102円後半での小動きが続いていましたが、
NY時間に入るとイングランド銀行(BOE)のカーニー総裁が、
EU離脱決定で英経済見通しが悪化したとして、今夏の金融緩和の
必要性に言及下との報道を受け、ポンド/ドル相場が急落し、
ドル/円相場もこれにつられ、一時102円台前半まで上昇しました。
さらに、米国株が堅調に推移したこともあり、
ドル/円は103円台を回復する動きとなりました。

この103円を上抜けする動きでボリンジャーバンド
情報ブレイクとバンドウォークが確認できます。

ただし、価格の上昇にもかかわらずRSI
高値を更新できずダイバージェンスを形成していることから、
この水準からの一段の上昇は難しいといえるかもしれません。
また、MACDも買い転換しているものの、昨日は一貫してシグナルとの
交錯を続けており、まだ明確な方向性が出たとは言い難い形になっています。

市場は英国のEU離脱のショックから落ち着きつつあるとは言え、
米国の米利上げ先送り観測を背景に103円台では
上値を抑えられる可能性が高いように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes