TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/24のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/24のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/20)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、英国のEU離脱を問う
国民投票を控え模様眺めムードの強い小動きが続きました。
その後、EU残留派が優勢との報道を受け、ドルの買戻しが
持ち込まれ106円台を回復する動きとなりました。

注目の英国の国民投票では、東京時間24日朝方に
EU残留支持優勢と伝わると、106円87銭まで上昇したものの、その後は、
地方の投票結果が一進一退と報じられ、各通貨ペアも激しく上下し、
スポット取引の流動性が極端に低下する展開となりました。

正午にかけ、各地での離脱派の勝利が目立つようになったところ、
離脱派勝利の可能性が高まったとの分析などが報じられと、
ドル/円の売りが加速し一時99円ちょうどまで下落、
2013年11月以来、2年7カ 月ぶり安値をつけました。

その後、急速に103円台まで反発しましたが、
介入の気配はなかったと指摘されています。

24日の海外市場では、予想を下回った米国5月の耐久財受注、
6月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値を受けドルが売られ、
102円台前半で週を越える動きとなっています。

予想外の英国のEU離脱決定によってマーケットは激しく動き、
ドル/円は約7円、ポンド/円に至っては約27円の値幅が出る乱高下の様相となり、
テクニカル分析が利かないほど相場は大きく崩れてしまいました。

ドル/円は世界景気の先行き不透明感からリスクオフの流れが続き、
円買いムードが強まるものの、100円割れは回避されると思われます。
ただし、上値も24日ロンドン市場での高値となった103円ちょうど近辺では
上値は重くなりそうで、目先100円~103円レベルでの神経質な取引が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes