TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/28のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/28のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方は前日のルー米財務長官の為替介入に
否定的な発言を嫌気して101円半ばまで軟化しました。
その後は、日経平均が上昇した局面で102円台を回復したものの、
102円を挟んできわめて小動きにとどまりました。

海外時間に入ると、欧州株の上昇に伴ってドルはじり高となり102円半ばを回復しました。
さらに、NY時間では、6月の米消費者信頼感が98.0と市場予想を大きく上回り、
昨年10月以来の高水準に上昇したことを受け、102円台後半へ上昇しました。

この流れで、相場はボリンジャーバンドのアッパーバンドに絡んで動いたものの、
急激なバンドの拡大はなく、バンドウォークといえるほどの勢いはない動きにとどまりました。

英国のEU離脱に対する先行き不透明感は強まっているものの、
ポンド売りは一服し、株式市場も反発に向かっており、
市場のリスク回避姿勢も和らいできているように見えます。
しかし、米利上げ再開期待が盛り上がるわけでもなく、
ここからのドルを買い進める材料は乏しいため、
一段の上昇は期待しにくいと思われます。

MACDを見ても、24日の海外市場で買い転換して以降
買いサインを続けてきましたが、本日には売り転換しており、
103円は目先の天井となってしまう可能性が高いように見えます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes