TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/22のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/22のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/20)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方104円85銭まで強含んだものの、
日経平均株価が安く始まって下げ幅を広げると、
じりじり下落し104円半ばへ押し戻されました。
その後は、104円半ばで方向感のない小動きが続きました。
英国民投票の本番が近づき、様子見ムードが強まっていると指摘されます。

海外時間でも104円台での動きが続き、イエレンFRB議長が下院証言で、
米景気に対する期待感を示したものの、利上げは慎重に進めるとの姿勢を維持するという、
これまでの発言と変わりがなかったことから、新たな材料にはなりませんでした。

MACDを見ると、東京午後からはMACDとシグナルが交錯しており、
レベル的にもゼロ近辺にいることから、市場が方向性を失っていることが示唆されます。

NY引け後に公表された最新の世論調査で英国の欧州連合(EU)残留支持派が
離脱支持派をリードしたことを受けて、ドル/円も105円手前まで上昇しています。

いよいよ本日は英国の国民投票本番であり、
世論調査では残留は優勢ながらも大差はない結果となっていますが、
ブックメーカーの賭けのオッズは大きく残留優位となっていることから、
逆に離脱が決定したときの市場の反応は大きくなると考えられ、注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes