TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/20)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方は海外市場でドルが売られた
流れを引き継いで103円58銭まで下落し、6月16日に付けた
1年10カ月ぶり安値103円56銭に迫る局面がありました。
この動きでボリンジャーバンドの下抜けがおきましたが、
バンドは拡大せず強い勢いのない動きといえます。

その後、株価の上昇などを受けてドルは買い戻され
104円台を回復する動きとなりました。

MACDも東京正午には買い転換しており、
その後のドルの上昇を示唆する形となっています。

海外時間では、イエレンFRB議長の上院議会証言での発言が
警戒されたほどハト派的ではなく、前月の雇用の弱さは一時的で、
雇用が依然拡大基調であるとの見解を維持しており、
米国経済の回復にも自信を表明したためドル買いが再燃し、
一時105円台を回復する動きとなりました。

この動きでも、ボリンジャーバンドの上抜けが起きていますが、
これも一過性の動きでありトレンドの形成はなされませんでした。

その後は、最新の英世論調査で欧州連合(EU)残留支持派の
リードが縮小したことが材料視され、再び104円台に押し戻されて引けています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes