TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/15のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/14)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京から欧州時間では、この日発表される米連邦公開市場委員会
(FOMC)の結果発表を控え、106円前半での様子見姿勢の強い動きとなりました。

NY時間に入り、米債利回りが低下すると、ドル/円は105円台後半に下落し、
その後FOMC結果発表前に米債利回りが反発に転ずると、
106円ちょうど近辺に反発するという展開となりました。
このドル下落局面でボリンジャーバンドを下抜けたものの、
一過性の動きでありバンドウォークには繋がりませんでした。

FOMCでは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は市場予想通り
0.25-0.50%で据え置かれ、声明では経済成長は加速したが
労働市場の改善ペースは鈍化したと指摘されました。
また同時に発表されたFF金利見通しも引き下げられたことから、
ドル売りが強まり一時1年8カ月ぶりの安値105円44銭まで下落しました。

ここでも、大きくボリンジャーバンドのした抜けが見られましたが、
ヒゲだけにとどまっており、一段のドル安に繋がる形とはなりませんでした。

その後、イエレンFRB議長の会見で7月利上げの可能性を残すコメントが
出たことを受け、ドルは反発し106円台を回復して引けています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes