TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/6/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/6/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/6/14)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、英国民投票の先行き不透明感からリスク回避ムードが継続し、
ドルの上値の重さが意識される動きが続きました。

東京朝方は、株価の上昇を受けたドル買いにショートカバーも加わり106円42銭の高値をつけました。
しかし、株価が伸び悩むとドルも下押し106円を割れる動きとなり105円63銭まで下押ししました。

この流れで、ボリンジャーバンドを下抜けたもののバンドウォークには繋がらず、
MACDも売り転換したものの、これも一過性ですぐに反転する動きとなっています。

その後、NY時間に入ると米国の5月小売売上高や輸入物価指数が予想を上回ったものの相場への影響は限定的でドル/円は106円を挟んだ動きが続きました。

英国のEU離脱に関しては、ここ数日で発表された世論調査では、いずれも離脱を支持する回答が残留支持を上回る結果となっており、
市場のEU離脱懸念が高まっているため、ドル/円の上値の重い状況が続いています。
ただし、今週の日銀金融政策決定会合での追加緩和への思惑が根強いとの指摘もあり、
105円台では下げ止まる動きが続いているため、本日も106円近辺での神経質な取引が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンド、MACDを表示しています。

本日も不安定な相場のなか神経質な取引が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes