TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/5/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/5/18のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/5/16)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では株価をにらみながら
109円前半でのもみ合いが続きました。
朝方に発表された1-3月期国内総生産(GDP)速報が予想外に強かったことで、
一時109円27銭まで急伸したものの、消費増税や追加緩和をめぐる
不透明感もあってすぐに108円73銭まで反落、その後正午にかけては
株価の持ち直しを受けて再び強含み、109円を回復するという動きでした。

欧州時間に入ると、東京の流れを受け継ぎドルは底堅いながらも
FOMC議事要旨の結果を見極めたいとの思惑や高値警戒感もあり
109円半ばでの模様眺めとなりました。

NY時間では、注目のFOMC議事要旨を受けてドル買いの動きが強まりました。
FOMC議事要旨では、ほとんどのメンバーが「経済指標が第2・四半期の
成長加速を示し、物価上昇率と雇用も上向けば、6月の利上げが適切になる」
との意見を支持しており、これを受けてドル/円はなかなか抜けられずにいた
110円を突破し、110円26銭の高値をつけました。

テクニカルで見ると、ドル安の流れに変化が出てきたことがわかります。
一目均衡表では、転換線が基準線と交錯し、買い環境に転換する兆しが見受けられます。
また、遅行スパンは既にローソク足を上抜いており、買い転換しています。
現状の110円台前半では先行スパンの雲がかぶってきており、
この雲も今後きり下がってきていることから、この雲を抜けるかどうかが注目でしょう。

また、相場が4月末の前回高値に達していないにもかかわらず、
RSIがそのときの水準を上回ってきていることから、
短期的には上値が詰まってくる可能性があることがわかります。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes