TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/5/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/5/10のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、麻生財務相が「為替は一方的に偏った動きをしており、
さらにこの方向に進むのは断固止めなければならない」と一方的な偏った状況が続くなら
為替介入をするとの前日と同様の発言を繰り返したことを受け、ドルが底堅く推移しました。
ただし、東京時間では、109円での戻り売り圧力も強く、108円台後半でのもみ合いとなっていました。

しかし、欧州時間に入ると、欧州株式が堅調な始まりとなり、
リスク・オンの動きとなり半月ぶりに109円台を回復しました。
さらに、NY時間では米国の3月JOLT(求人労働移動調査)求人件数、卸売在庫・
売上高の改善を好感したドル買いが強まったこともあり、109円35銭まで上昇しました。

テクニカルで見ると、相場と共にボリンジャーバンドが上下ともに
上昇しており、ドル上昇の流れが続いていることが示唆されています。

しかし、価格の上昇にもかかわらずRSIは下降してきており
ダイバージェンスが見られることから、ドルの上値が詰まってきているように見えます。

また、MACDを見ると水準的にはプラス圏を維持しているため
ドル上昇余力が見られるものの、MACDとシグナルが交錯していることから
方向性を見失っていく可能性が示唆されています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes