TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/5/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/5/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、前週末の米雇用統計発表後に一時106円半ばまで下落したものの、
その後、ニューヨーク終盤にかけて反発した流れを受けて、底堅い動きとなりました。
しかし、新たな材料もなく107円台半ばでの方向感のない動きが続きました。

欧州時間に入ると堅調な欧州株などを受けてリスクオンの流れとなり、
また麻生太郎財務相が「為替介入の用意がある」との発言が
伝わったことで円売り圧力が強まり108円台を回復しました。

さらにNY時間では、NY連銀のダドリー総裁がNYタイムズ紙とのインタビューで、
「4月雇用統計受けての見通しの変更はなく、年2回の利上げが依然妥当」との見解を
示したことでドル買いとなり、108円60銭まで上昇し、108円台を維持して引けています。

テクニカルで見ると、MACDが先週末に既に買い転換しており、
週明けのドルの上昇を先取りする形となっていました。
また、日足の一目均衡表では、基準線と転換線が
重なってきており、変化の兆しが見えます。
また、遅行スパンがローソク足に接近しており、ドル買いへの転換を
期待させる形であり、遅行スパンの今後の動きを見極めたいところです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes