TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/5/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/5/6のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、前週に行われた日銀金融政策決定会合で
事前に噂されていた新たな追加緩和を見送ったことを受けたドル安や、
米為替報告書でドイツ、中国らと伴に日本を為替監視リストに加えると
発表したことを受けて、週初はドル売りが強まり105円台半ばまで下落しました。
日本がGWで東京勢の参加者が少なかったことも、
投機的なドル売りに繋がったとの指摘もあります。

しかし、この下落でもRSIは中立水準を若干下回る程度であり、
ドルの下値が詰まってきているようにも見えました。

その後、麻生財務相が介入も辞さない姿勢を示したことや
105円台では利食いのドル買いが見られたことなどから
調整の動きが強まりドルは107円を回復する動きとなりました。
また、週末の米雇用統計では非農業部門雇用者数の伸びが予想を大きく下回り
3ヶ月ぶりに20万人を割れたことから再び106円台半ばまで下落したものの、
引けにかけてはショートカバーが優勢となり107円台を回復する展開となりました。

しかし、テクニカルではドル売りの流れに変化はなく、
ポジション調整以外ではドルの戻りは期待しにくい形となっています。
特に遅行スパンとローソク足の関係を見ると、今週は週前半にドルの下値不安が
高まる形となっており大型連休明けの東京勢の動きが気になるところです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes