TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/4/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/4/11のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京時間では朝方の高値108円30銭水準から徐々に
下値を切り下げ一時107円63銭まで下落し、先週末の安値を下回りました。
その後、輸入企業や年金系の買いが入りいったん108円台に戻しましたが、
維持することが出来ず反落し、107円台後半での揉み合いとなりました。

欧州参入後は、ドルの買戻しも入り108円台を回復、NY時間に入ると原油高や
欧米株価の上昇を眺めて投資家のリスク選好が進み、一時108円44銭まで上昇しました。
菅義偉官房長官による急激な円高進行をけん制した発言も材料視されたとの指摘もあります。
ただ、米国の早期利上げ観測の後退が引き続きドルの重石となっており、米株価の上げ幅
縮小や長期金利の上昇が鈍化するとドル売りが再燃し、107円台に押し戻されています。

テクニカルで見ると、ボリンジャーバンドのバンド幅が縮小するなか、
バンド内での動きにとどまっており、明確な方向性がない状況が窺えます。
MACDを見ても、MACDとシグナルが交錯する動きとなっており、相場の気迷いが現れているといえそうです。
もっとも、MACDもシグナルもマイナス圏内で推移していることから、リスクは下方向にある様に見えます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes