TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/29のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/29のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、アジア時間は期末を控えて実需を中心とした売買が
交錯し、新規材料が乏しい中113円台で神経質な値動きとなりました。
復活祭休暇明けで海外勢の動きも徐々に活発化したものの、実需筋や短期筋、
機関投資家などが入り交じり、売買が交錯し明確な方向感のない相場が続きました。

海外時間に入ると、注目されていた米連邦準備理事会(FRB)のイエレン
議長が講演で、利上げを「慎重に」進めることが依然として適切だと発言し、
よりタカ派的だった最近の他のFRB高官の見解に異を唱えたような形に
なったため、次の利上げ時期の予想が後ずれし、ドル売りにつながりました。

この流れで、ボリンジャーバンドの下抜けとバンドウォークを
伴いながら急速にドルは下落し、一時122円61銭をつけました。

その後も、ドルの戻りは鈍く112円台後半でNYを引けています。

もっとも、週末には注目の米雇用統計を控えており、また本日は雇用統計に
先立ちADP全米雇用報告が発表されることもあり、大きなイベントをこなす
までは一方向への大きな動きは期待しにくいのかもしれません。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes