TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/23のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、アジア時間では本邦輸入企業のドル買い・
円売りが流入しドルの下値を支えましたが、ユーロ/円など
欧州通貨の対円での下落の影響もあり、ドル/円の上値も
重くなり、きわめて狭いレンジでの推移となりました。

欧州時間に入ると、ドル買いが強まり、さらにNY時間に入ると米国の
2月新築住宅販売件数が予想を上回ったことや米セントルイス連銀の
ブラード総裁も4月の利上げの可能性に言及したことなどを受け
ドル買いに拍車がかかり、一時112円91銭まで上昇しました。

しかし、この上昇でもボリンジャーバンドの上抜けは出来ず、
またRSIを見ても価格の上昇ほどの上昇とはならずに上値が詰まった
形となっており、その後のドルの反落を予感させるものとなっています。

実際にNY後半にかけては株価や原油価格の下落などもあり、
ドルは反落し112円前半まで押し戻される展開となりました。

本日は、米国の株安や長期金利の低下を背景にドル売り先行で始まる
可能性が強いとの指摘があるものの、今週に入って米連邦準備理事会
(FRB)高官からタカ派的な発言が相次ぎ、早期追加利上げ観測を意識した
ドル買いも根強く、112円台を中心とした保ち合いの相場が続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes