TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方に日経平均が
300円以上上昇したことで114円にタッチしに行く
局面があったもののすぐに押し戻され、終日
113円台で方向感のない取引が続きました。
日銀の金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会
(FOMC)を前に、国内の個人投資家の間には様子見
ムードが出ており、大きな動きは見られませんでした。

海外時間に入ると、日銀が金融政策決定会合で
景気判断を下方修正する検討に入ったとの報道を
受け、ドルの下値が堅くなったものの114円を回復
する勢いはなく113円80銭水準でNYを引けています。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンド
横ばいとなり、その内側での取引に終始して
おり、一方向への動きは感じられません。
RSIをみても、50を挟んでの上下動と
なっており手がかりに乏しい形です。

本日も日銀金融政策決定会合の結果が出るまで
模様眺めの動きとなりそうですが、今回追加緩和が
期待されているわけではなく、方向性が出ることは
期待しにくいように思われます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes