TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/11のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、113円台を中心と
した方向感のない動きが続きました。
週前半は、前週末の米雇用統計で平均時給の伸びが
鈍化していたことを受けたドル売りなどにより、上値が重い
動きで始まり、週央には112円23銭まで下押ししました。
しかし、木曜日のECB理事会や、今週の日銀金融
政策決定会合、米国のFOMCを控え、様子見
姿勢も強く、同水準では底堅く推移しました。
その後、原油先物相場も総じて底堅く推移した
ため、緊張が緩和し、113 円台を回復しました。
注目されたECB理事会では、予想を上回る
追加緩和策が発表され、直後には対ユーロでの
ドル高やリスク回避の緩和を期待したクロス円
での円売りなどが活発化し、113 円台半ばから
急上昇し、114円45銭の高値をつけました。
ただし、その後の記者会見にて、ドラギECB総裁が
「一段の利下げが必要だとは考えていない」と追加の緩和に
否定的な発言したことを受けユーロが急反発し、ドル/円も
それにつられて売り圧力が強まり、直前の上昇幅を全て吐き
出して下落、再び113円台に押し戻されて週を越えています。

テクニカルで見ると、一目均衡表の転換線が上昇に
転じてきており、ドルの底打ちの兆しを感じさせます。
また、現状の水準を維持できれば、今週には遅行線の
買い環境への転換が期待できるかもしれません。
さらに、RSIも中立水準を上抜き、買い方優勢を示しており、
ダブルボトムを形成している110円後半レベルを下抜け
なければ、ドルの一段の上昇を期待したいところです。
ただし、一目均衡表の先行スパンの雲がかぶさって
きており、上値を抑える要因となっていることから、
サプライズな材料がない限り、先週同様113円を中心と
した明確な方向性にない相場が続くのかもしれません。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes