TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/10のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方は前日の上げ相場のあとの
利益確定売りに押され113円15銭まで弱含みましたが、この
水準からは期末・年度末を控えた実需の買いもあり、また株高
に支えられたドル買いに113円80銭まで上値を伸ばしました。
その後は、欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、模様眺め
ムードが強く113円半ばで方向感のない取引となりました。

この持合いの中でMACDが売り転換しています。

注目のECB理事会では、政策金利の下限である中銀預入金利
をマイナス0.30%からマイナス0.40%に引き下げることを決定
し、量的緩和についても資産購入規模の増額を決めました。
この追加緩和を受けてユーロ売り・ドル買いが活発化し、
ドル/円もつられる形で一時114円45銭まで上昇しました。

この動きで、ボリンジャーバンドの上抜けと、
MACDの買い転換が起きています。

しかし、その後、ドラギECB総裁が記者会見で、利下げ
打ち止め感をにじませる発言をしたため、ユーロ売り・
ドル買いの流れが反転し、ユーロは対ドルで急反発、
ドル/円も112円61銭まで急落しました。

この急落を受け、ボリンジャーバンドの下抜けと
MACDの再売り転換を起こしており、材料に振り
回される相場ではテクニカルがうまく機能しない
ことを確認する形となってしまっています。

NYの引けにかけてはドルのショートカバーで113円台を回復
しており、昨日上下の抵抗を確認しにいった動きとなったこと
から、本日も113円台での方向感のない動きが続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes