TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方は一昨日の112円
前半まで下落した反動で112円76銭まで値を戻しま
したが、日経平均が下落幅を広げると上値が重くなり、
再び112円半ばへ通し戻される動きとなりました。
その後は、本日の欧州中央銀行(ECB)理事会を前に
積極的な取引は手控えられ、方向感を欠く動きとなりました。

ただし、MACDは東京朝に既に買いに転換しており、
その後のドル上昇が期待される形となっています。

欧州時間に入ると、一時的にドル売り圧力が強まり、
ボリンジャーバンドを下抜ける局面がありましたが、バンド
ウォークには繋がらず、一過性の動きに終わっています。
また、この局面で、MACDが売り転換の兆しを見せた
ものの騙しに終わったことは、その後のドルの強い
上昇を先取りしたものといえるかもしれません。

NY時間に入ると、北海ブレント原油先物が3%高で
1バレル=40ドルを回復する動きとなったことや低調な
米10年債入札結果を受けた債券利回りの上昇がドルを
支援する材料となり、ドル/円は113円を回復、113円
45銭の高値をつけ高値圏での引けとなっています。

このドル上昇の流れで、ボリンジャーバンドの上抜けと
バンドウォークが形成されており、MACDの急上昇とあわせて、
ドルの戻りに勢いがあったことを示されています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes