TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/8のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/8のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方に113円台半ばを
試す動きがあったものの、日経平均が下げ幅を
拡大する中で、ドルの上値は次第に重くなりました。
正午にかけては中国の2月の貿易統計が
一段と弱い結果となるとの思惑から、113円
を割り込んで112円75銭まで下落しました。

この流れで、ボリンジャーバンドの下抜けと
軽いバンドウォークが確認できます。

その後、日経平均が下げ幅を縮めるとドルも
値を戻し113円を回復しましたが、強い上昇力も
なく方向性のない動きが続きました。

海外時間に入ると、経済協力開発機構(OECD)が
全メンバー国経済の成長鈍化を指摘したため世界
経済への不安が再燃し、リスク回避の円買い、
ドル売りが加速して112円43銭まで下落しました。

MACDを見ると、東京午後からのもみ合いのなかで
買い転換したものの、その後のドル下落ですぐに
売りへと転換してしまっていることが確認できます。
もっとも、ボリンジャーバンドは上下のバンドともに
右下がりとなっておりバンドウォークには繋がらず、
下押しに勢いがなかったことが示唆されています。

市場の注目は、明日開かれる欧州中央銀行理事会
での金融政策決定に向けられており、本日は模様眺め
ムードが強い展開になりそうとの指摘が聞かれます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes