TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、113円台での保合いな
がら、徐々に値を下げていく展開となりました。
113円後半でスタートしたドル/円は、東京時間は
113円60~70銭を中心にもみあいが続きました。
市場では、中国の全国人民代表大会から新たな
材料が出てこない限り、10日の欧州中央銀行
(ECB)理事会待ちとのムードが強いようです。
先週末の米雇用統計で上下をやって、
居心地のいい場所に戻ってきてしまった
ため、動くのは難しいとの指摘もありました。

海外時間に入ると、米連邦準備制度理事会(FRB)が
発表した2月労働市場情勢指数(LMCI)が予想外の
マイナスに落ち込んだことやブレイナード米FRB理事が
「見通しが明らかになるまで、FRBは辛抱強さが必要」と
強調したことなどから、早期の追加利上げの観測が
後退しドルは軟化、113円23銭の安値をつけました。

テクニカルで見ると、MACDが先週末に売り転換しており、
昨日のドル安を先取りして示唆する形となっています。

また、NYの引け間際に、ボリンジャーバンドの下抜けがあり
ましたが、バンドの拡大はなく一過性のブレイクにとどまって
おり、明確な方向性は感じられないものとなっています。

本日は国内で10-12月期GDP改定値のほか、
中国では貿易収支の発表が予定されていますが、
経済指標が予想外のブレを見せない限り、113円半ば
を中心とするもみあいが続く可能性が高いようです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes