TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/4のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/4のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、112円半ばから114円半ば
のレンジで方向感なく推移する動きとなりました。
週末の米雇用統計に注目が集まり、模様眺めムードが
強まったこともあり、明確な方向性は出ず週末を迎えました。

注目の2月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が
前月比+24.2万人で市場予想の同比+19.5万人程度を
上回り、失業率は4.9%で1月と同水準となりました。
これを受けてマーケットは、まずドル買いに反応し
113円後半から114円半ばへと上昇しました。

しかしその後、市場関係者が注目している賃金動向について、
平均時給が前月比-0.1%で予想外の減少を記録したことを確認し
ドル売りが持ち込まれ、113円前半まで押し戻される動きとなりました。

マーケットが落ち着きを取り戻すと、2月雇用統計は1月との
比較で多少改善しているとの見方が多くなりドルは値を戻し、
114円26銭まで反発し113円80銭水準で週を越えています。

テクニカルで見ると、RSIは中立の50水準での動きとなって
おり、相場に明確な方向性がないことが窺われます。

もっとも、一目均衡表情では、ドル売りの流れに
変化はなく、ドルの上値は重い流れが続きそうです。
ただし、今週を現状レベルの維持で推移すると、来週以降
遅行線が日々線に絡みだし、買い環境へと変化する可能性
も考えられるため、今週の値動きを見極めたいところです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes