TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/3のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/3のドル円相場の考察

昨日のユーロ/ドル相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ユーロ/ドルの1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のユーロ/ドル相場は、アジアから欧州時間に
かけては1.08ドル台で方向感のない動きを続けました。

しかし、NY時間に入ると2月の米ISM非製造業総合指数は
53.4と市場予想の53.2を上回ったものの 、内訳の雇用指数が
49.7と前月の52.1から低下し、節目となる50を2014年 2月以来、
初めて割り込んだことや1月製造業受注が予想を下回ったことを
受けて、年内の追加利上げ観測が後退しドル売りが強まりました。
特にユーロ/ドルでのドル売り反応は大きく、1.08ドル
後半から一気に1.0973ドルまで上昇しました。

この流れでボリンジャーバンドの上抜けと、強いバンドウォークが確認されます。

もっとも、MACDを見ると東京昼には売り転換に兆しがあったものの
騙しに終わっており、海外市場でのユーロ高が示唆されていました。

本日は、米国の雇用統計を控え東京時間は模様眺めムードが強まりそう
ですが、雇用統計後には大きな波乱の可能性もあり注意が必要でしょう。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes