TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/2のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/2のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、日・欧の株式の上昇に合わせて
114円前半まで値を戻す局面はあったものの、NY時間
には反落し113円台に押し戻される動きとなりました。
NY時間の朝方発表された2月の米ADP民間雇用者数が
予想を上回る増加となりましたが、米国と海外の金融
政策の違いが継続するかについて懐疑的な見方もあり、
原油価格が経済や金融政策に及ぼす影響も懸念される
こともあり、4日発表の米雇用統計を控えて利益確定の
ドル売りが上値を抑えたとの指摘もあります。
NY後半では113円23銭まで売り込まれ、
ほぼ安値圏での引けとなっています。

テクニカルで見ると、明確なバイアスが
見られず、次の方向性を探る動きといえます。
RSIは中立水準まで押し下げられ、このまま
上昇するかどうかは判断しにくいところです。

現状は、2月のダブルボトムの底である111円水準が
下値めどとなり、今年の下落幅の38.2%戻しでありダブル
ボトムのネックラインである115円水準が上値のめどと
なり、どちらに抜けるのかを見極める必要があるでしょう。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes