TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/3/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/3/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、NY引け後に112円前半
へと下落した流れを受け上値が重く始まりました。
その後、中国国家統計局が発表した2月の中国製造業購買
担当者景気指数(PMI)が予想を下回ったことで112円16銭
まで下落したものの、この水準では下げ渋り、日経平均株価
がプラス圏に浮上すると、午後にかけてじり高となりました。

MACDも東京午後には買い転換しており、
午後のドル上昇をサポートする形となっていました。

欧州時間に入ってもドルは堅調な足取りで
113円台を回復する動きとなりました。

NY時間に入ると、米国の2月ISM製造業景況指数や
1月建設支出が予想を上回ったため、年内の追加利上げ
観測を受けたドル買いが再燃し、2月18日以来の高値と
なる114円19銭を付け、ほぼ高値圏で引けています。

この上昇の流れで、ボリンジャーバンドを上抜け
バンドウォークが発生していることが確認できます。

115円を回復できれば、日足ベースで見たダブルボトム完成と
なるため、ドルの底打ちが期待できますが、週末に米雇用統計を
控えていることもあり、目先は慎重な動きが続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes