TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/29のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/29のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方114円近辺で
スタートしたものの、その後ほぼ一貫して下げ続け、
午後3時過ぎには112円80銭水準まで下落しました。
前週末に発表された米第4四半期GDP改定値や
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を
挟んだ上昇分を、ほぼ吐き出した形となりました。

MACDも朝方早々に売りサインに転じており、昨日の
ドルの上昇を先取りして示唆した形となっています。

欧州時間に入り、113円台を回復する局面もありましたが、
米国の2月シカゴ購買部協会景気指数、1月中古住宅成約指数、
2月ダラス連銀製造業活動指数の予想を下回る結果を嫌い
ドル売りが再燃し、112円60銭水準でNYを引けています。

また、NY引け後の東京早朝にはもう一段のドル
下落となり、112円前半をつける動きとなっています。
もっとも、この朝方の下落でボリンジャーバンド
下抜けたものの、ローソク足の実体はバンド内に
納まっており、バンドの拡大も起きていないことから、
下方向への圧力もあまり強くはないものと思われます。

本日も、日・中の株価や人民元の動向をにらんだ展開が続く
ものとみられ、午前に発表される中国の製造業PMIを受けて、
どのように反応になるかが関心を集めていると指摘されています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes