TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/24のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/24のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、朝方に米大統領選の民主党最有力候補
ヒラリー・クリントン前国務長官が「日本や中国が為替操作を行って
いるとの認識を示した上で、自身が大統領に就任した場合は対抗
措置を検討する考えを示した」との米紙への寄稿が伝わったことで、
週末に控えるG20での政策協調や日本の当局による政策発動への
期待が後退したとの思惑が強まり、ドル売り・円買いが徐々に
広がって111円台後半で上値の重い動きとなりました。

欧州時間に、ドルのショートカバーによって112円台を回復する
局面もありましたが、その後再びドルは軟調な動きを続けました。

この112円台を回復する局面でもRSIは50レベルまで
しか上昇せず、上値の重い動きを裏付けていました。

NY時間に入ると、2月の米サービス業購買担当者景気指数(PMI)
速報値が49.8と、好不況の分かれ目とされる50を下回る水準に低下
したことで、米経済活動の減速が製造業などからサービス業に広がって
いるとの警戒感が強まり、リスク回避の動きが続き原油先物相場と
米株式相場が下落、つられてドル/円も111円04銭まで下落しました。

この流れでボリンジャーバンドを大きく下抜けましたが、
すぐに反発しバンドウォークには繋がりませんでした。

その後、米週次原油在庫統計の結果を受けて、原油価格が上昇に
転じたことを好感しリスク回避の動きが後退し、ドルは急速に値を
戻し112円21銭まで反発し112円台を維持して引けています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes