TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/23のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方に113円台に上昇する
局面があったものの上値は重く、米系ファンドが投機的な
ドル売りや、ドルが113円台になかなか定着しないことに
業を煮やした実需勢からも売りが入りました。
さらに中国人民銀行が人民元の対ドル基準値を
前営業日比で明確に元安設定したことを受け株安になり、
これを睨んでサポートとみられていた19日安値112円
30銭を割り込むとストップロスを巻き込みながらドル
売りが加速、112円を割り込む動きとなりました。

この流れでボリンジャーバンドの下抜けが
見られましたが、111円台での滞空時間も短く、
明確なバンドウォークには繋がりませんでした。
MACDを見ると、東京早朝には既に売り転換が確認
でき、ドルの軟調さを示唆していたことがわかります。

海外時間に入ると、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物
資源相が減産しないことを明確化したと伝えられ、失望感
から原油価格が下落し、リスク回避の動きが優勢となり、
一時12日以来の安値となる111円78銭まで下落しました。

もっとも、111円台ではドルのショートカバーも入り、すぐに
112円台を回復、112円前半での小動きでNYを引けています。

MACDは、111円台からの反発局面で再び買いに転換
しており、ドルの下値をサポートする形となっています。

本日も株価を睨みながら112円近辺での動きが続きそう
ですが、昨日の安値を下回った場合は、2月11日につけた
2014年10月以来の安値110円99銭を意識した動きとなる
可能性もあり、まだ下値不安が残る動きといえそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes