TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/25のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、前日のNY市場終盤でショート
カバーが優勢となった流れを引き継ぎ、朝方の安値
111円90銭から、一時112円63銭まで買い戻されました。
堅調な日経平均がドル買い戻しのサポートとなったことや、
五・十日で、月末のスポット応当日にも当たるため午前中に
本邦実需筋によるドル買いも見られたと指摘されます。

この上昇でボリンジャーバンドのアッパーバンドにタッチ
しますが、ここではバンドが上値抵抗として機能して、その
後の利食いによるドル反落の引き金となった様に見えます。

欧州時間に入り、利食いに押され112円を割り込む局面も
ありましたが、再びドルは上昇基調に戻っています。

MACDを見ると、シグナルと交錯し売り転換しかけましたが
だましに終わり、ドル買い基調が続いていることがわかります。

NY時間に入ると、米国の1月耐久財受注が予想を上回り3か月
ぶりのプラスに改善したこと、ロシアのノバク・エネルギー相が、
「石油輸出国機構(OPEC)の加盟国と非加盟国の石油担当相が
3月中旬に会合を計画している」と発言したことを受けて原油価格が
上昇に転じたことなどから、リスク選好の円売り、ドル買いが再燃し、
一時113円02銭まで上昇し、112円90銭レベルでNYを引けています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes