TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/15のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、日経平均株価が急反発し、
後場に入って上げ幅を一時1,200円超に 拡大したことを
受け114円台を回復、2月10日以来の高値をつけましたが、
その後は伸び悩み113円台後半での動きとなりました。
安倍首相が午前の衆院予算委員会で、為替市場に
ついて「急激な変動は望ましくない」との認識を示し、
「麻生財務相には必要に応じ適切に対応してもらいたい」と
述べたこともドル支援材料になったとの指摘もあります。

欧州時間に入ると、アジアに続き欧州株が軒並み
大幅に上昇したことを受けて、ドルはしっかりと
114円を上抜け、114円73銭の高値をつけました。

その後は、NY市場がプレジデンツデーのため
休場だったこともあり、模様眺めムードが強まり
114円半ばでNYを引けています。

テクニカルで見ると、相場はボリンジャーバンド
アッパーバンドに絡みながら上昇していますが、
ロアーバンドも上昇しておりバンド幅の拡大を伴わ
ないことからバンドウォークの発生とはいえません。
これは、強い上昇トレンドが発生したのではなく、
昨日の上昇がこれまでの下落に対する調整の
動きであったことを示唆しているといえそうです。

1月末の高値からの下落幅の38.2%戻しが115円10銭近辺に
あり、この水準を上抜けるかどうかが注目されそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes