TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/12のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/12のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、週初に重要な下値抵抗であった
116円水準を下抜けると、その後はドル売り圧力が
強まり、ドルは下げ続ける動きとなりました。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が10日に
開かれた議会証言で金融環境は引き締まっていると指摘し、
米利上げペースが大幅に鈍化するとの観測が広がったことや、
日本株の大幅下落が嫌気され、11日には一時110円99銭まで
下落し、2014年10月31日以来となる111円割れを記録しました。
ただし週末には、黒田日銀総裁が首相官邸に出向いて
安倍首相と最近の市場動向について意見交換したことから、
早期追加緩和への思惑が広がったことやダドリーNY
連銀総裁が「米国経済は依然強い」と発言したこと、
1月の米小売売上高が予想を上回ったことを好感して
ドルは113円台を回復して週を越えています。

テクニカルでは、強い下値抵抗であった116円水準を
抜けたことで下値不安が高まっており、各国金融市場の
動揺が続くなか不透明感が高い相場となっています。
RSIは既に売られ過ぎ水準まで来ているものの、
もう一段の下値リスクは残っている様に見えます。
ただし、遅行スパンとローソク足に関係を見ると、
今週は相場が横這いとなる可能性も高く、
目先は現状水準で持ち合うのかも知れません。

リスク回避による急激な円高は一服したと思われるものの、
米3月利上げ観測は後退しており、リスク選好的なドル買い・
円売りが大きく広がる状況ではなく、株式市場や原油価格を
睨みながらの展開が続くものと思われます。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes