TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/29のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/29のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や
日銀金融政策決定会合を控え118円台で模様眺めを続けて
いましたが、週末日銀がマイナス金利導入を決定したことを
受けて、円が大幅に売られ121円台を回復しました。
株価が持ち直しつつあり、ドル/円も118円台を回復していたことで
追加緩和への期待がやや後退していたこともありサプライズは大きく、
海外市場でも円売り圧力は続き121円台を維持して週を越えています。

テクニカルで見ても、日銀の決定は大きく影響しており、
一目均衡表では遅行スパンがローソク足を上回り買い転換しました。
相場は先行スパンの雲に突入しており、今後雲がねじれて
下落してくるため、雲の上抜けも期待できる形となっています。

中期的に見ても、2014年後半の安値を基点とするサポートラインが
年初に下抜けていましたが、今回の上昇で再びラインを超えて回復して
きており、大きな上昇トレンドの転換リスクが後退した形となっています。

今週末には米雇用統計の発表が控えており、前回に続いて好調な
結果となれば、一時後退していた追加利上げ観測が再び高まり、
日米の金利差拡大は意識されて、ドルの上値追いが期待できそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes