TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/28のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/28のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、前日の米連邦公開市場委員会
(FOMC)を終え、本日の日銀金融政策決定会合の結果発表を
控え118円台後半で方向感のない動きに終始しました。
東京時間では、日経平均株価を睨みながらの
動きではあったものの、株価も方向性のない
上下動となり、手がかりがない状況といえました。

海外時間でも、日銀の追加緩和観測やロシアのメディアが
「石油輸出国機構(OPEC)とその他の産油国が2月に会合を
開き減産の可能性を協議する」と報道したこと受けた原油価格の
底入れ期待がドルを下支えするものの、予想を下回った米国の
12月耐久財受注に失望したドル売りが上値を抑える要因と
なり、118円台後半の小動きが続きました。

テクニカルで見ても明確な材料のない一日といえます。
ボリンジャーバンドは収縮後横ばいとなり、相場もバンドの
中での上下動となっており方向性を感じられません。
MACDを見ると、シグナルと交錯した動きで横這っており、
プラス水準を維持していることでかろうじてドル優位といえなく
ないものの、方向性を見出せるものとはなっていません。

本日も118円台後半の動きを続けながら、日銀金融
政策決定会合の結果を待つ動きとなるでしょう。
結果発表前後や黒田総裁会見時には、相場が大きく
荒れる可能性もあることには注意が必要でしょう。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes