TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、朝方から米原油先物が28ドルを
割り込み日経平均株価もじりじりと値を下げるとリスク回避の
ムードが強まり、ドル/円も上値の重たいスタートとなりました。
東京午前は117円水準が下値抵抗となっていましたが、
午後に日経平均が600延長の下落となると、
116円台へと軟化する動きとなりました。

この流れでボリンジャーバンドを下抜ける展開となり、
その後強いバンドウォークが発生しています。
このバンドウォークで116円水準を試す動きとなり、
欧州時間には欧州株の大幅下落を材料にドル売り
圧力が強まり、一時115円98銭と昨年1月16日
以来の115円台に突入しました。

その後、「1ドル=115円突入で政府関係者が為替市場の
動向を注視している」との報道を受け、一気に116円96銭
まで反発する場面もあり、市場では115円台をさらに
売り込むには警戒感が強いことが窺えました。

NY時間に入っても、予想を下回った米国の12月
消費者物価指数や住宅着工件数を受けてドル売りが
優勢となったほか、原油価格が13年ぶりの安値を
更新したことを警戒したリスク回避の円買いが加速、
フタタに116円20戦まで下落しましたが、その後、
引けにかけて米国株式相場が下げ止まったため
円買いが後退し、ドルは反発する動きとなりました。

この反転の動きで、ようやくMACDが買い転換し、
ドルの下支え要因となり、NYの引けにかけて117円
05銭まで値を戻し、116円台後半で引けています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes