TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、朝方は日経平均株価が反発したことを
受けてドルの買戻しが進み、117円48銭まで上昇しました。

この上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けを試したもののアッパー
バンドで跳ね返されており、バンドが上値抵抗となってしまっていました。

その後は、117円前半での保ち合いとなっていましたが、午後に
なって日経平均が再び下落に転じ、大引けにかけて400円近い
マイナスとなるとドルも再下落し116円台へ押し戻される動きとなり、
ロンドン時間序盤には116円47銭まで値を下げました。

ここで、MACDが売り転換していますが、ゼロ水準での転換で
あり、強い売りサインとはなっていないことが窺われます。

その後は、欧州株や原油価格の反発を受け、ドルは再び戻しに
転じて117円台を回復するという落ち着かない相場が続きました。

NY時間に入ると原油価格の反発や米株高を背景に円買いが
巻き戻され、MACDも再度買いサインに転換しました。
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和を匂わせた
こともムード改善に一役買ったとの指摘もあります。

この流れで、ドルは117円後半まで上昇しボリンジャーバンド
上抜けましたが、バンドウォークには繋がらず押し戻されており、
ドルの上昇力も強くはないことが示唆されています。

本日も株価と原油価格を睨みながらの展開となりそうですが、
118円台は重く116円台は底堅いというムードとなっており、
上下どちらかに大きく突き抜けるという動きは期待薄といえそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes