TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、日経平均株価が7日ぶりに反発し
400円超の上げ幅を維持する堅調な相場になったことや
中国の貿易収支も改善したことでリスク回避ムードがやや後退、
一時1月8日以来5日ぶりの高値118円38銭まで上昇しました。

この流れで、ドルはボリンジャーバンドを上抜け、
軽いバンドウォークを示現していることが確認できます。
しかし、その後は118円台前半で横ばいとなったものの、RSI
下落に転じており、ドルの上値が重いことが示されています。

海外時間に入っても、中国の人民元相場の安定や、
貿易・輸出関連指標が予想外に改善したこと、また原油の
反発などで安心感が広がり、ドルは底堅く推移しました。
その後、引けにかけて北海ブレント原油先物が急落、
米株式市場も追随して大幅下落となりリスク回避の
流れが急速に強まり、117円64銭の安値をつけました。
北海ブレント先物は、この日発表があった、米エネルギー
情報局(EIA)週間石油在庫統計で、予想を上回る
在庫積み増しとのレポートが影響し、2004年4月以来
初めて1バレル=30ドルの大台を割り込みました。
このドルは反落で、相場はボリンジャーバンド
ロアーバンド付近に近づいており、この水準が
下値抵抗となるかが注目されます。

市場では、株価や原油価格を見極めながらの取引が
続いており、本日は海外市場での原油安や株安を受け
日経平均株価が再下落する可能性が高いことから、
ドルの下値不安が残る展開となりそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes