TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/18のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京朝方の安値から
ドルが買い戻される動きが先行しました。
人民元の元高方向への基準値設定やオフショア
人民元預金への準備率適用を中国人民銀行が
発表したことで市場のリスクオフのムードが若干
後退したことがその背景にあったと指摘されます。
また、朝方売り込まれていた日経平均株価が、
下げ幅を縮めたこともドルの下支えとなりました。

その後はNY市場がキング牧師の生誕記念の祝日で
休場ということもあり、117円前半で方向感のない
動きを続けて東京に引き継がれています。

テクニカルで見ると、先週の下げからの反発で、
ボリンジャーバンドはバンド幅を縮小してきており、
強い勢いを感じない相場となっています。
目先、上下のバンドが抵抗となり、神経質な動きが
続きそうですが、どちらかにしっかりと抜けた場合は抜けた
方向へのバンドウォークが期待できるかもしれません。

RSIを見ると、明確な方向性は感じないものの、
昨日は50を上回る水準で維持しており、
ドルの下支えを示唆する形となっています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes