TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/11のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京が成人の日で休場の中、
円買い圧力が強まり一時4ヶ月ぶりとなる116円台に下落しました。
前週末に発表された米雇用統計が予想以上に堅調な結果となり、
ドルは8日に118円85銭まで上昇したものの高値水準を維持できなかった
こと、また昨日も中国株式市場が続落しておりリスクオフの流れが
続いていることなどがドル/円下落の要因として指摘されていました。

しかし、その後中国人民銀行が対ドルで人民元
中心レートを小幅に引き上げたため、人民元が下げ
止まったことを好感しドルのショートカバーが入り、
海外市場では118円台を回復する局面もありました。

もっとも、NY引けにかけては原油が12年ぶりの
安値を更新したことを警戒したリスク回避の円買いが
再燃し117円台後半で取引を終えています。

テクニカルで見ると、昨日の116円台への急落で
目先の底打ちの可能性を見ることが出来ます。
昨日のローソク足は、金曜の陰線を包む陽線となっており
「抱き線」と呼ばれるもので、大きく下げた後に出現した
場合は反転のサインとなることが多い形です。

また、RSIもゼロに近い水準まで下落しており、
十分に売られ過ぎ水準まで落ち込んでいるため、
反転の可能性を感じさせるものといえそうです。

ただし、下値の節目としては昨年8月の安値
116円15銭がポイントで、この水準を下抜けてしまうと
さらにドル下落加速もありうるため注意が必要でしょう。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes