TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京時間朝方は日経平均
株価の反発をにらみながら底堅い動きで始まりました。
その後、中国人民銀行が人民元の対ドル基準値を1ドル=
6.5314元と元安方向に設定したことを受けて、リスク回避の
ムードが強まり、ドル/円は軟化し、118円台前半をつけました。
さらに北朝鮮が水爆実験を実施したことが伝わると、
ドル売り圧力が強まりましたが、下値は限定的で
その後はドルの戻りが見られる動きとなりました。

NY時間に入ると、フィッシャー米FRB副議長「市場の
金利見通しは低過ぎ」とタカ派の発言をしたこと、米12月
ADP全米雇用報告で雇用者数が予想外に増加したことや
11月貿易赤字も予想以上に縮小したことを受けてドル売りが
いったん後退し、118円後半まで値を戻す展開となりました。

もっとも、118円後半では上値は重く、
118円半ば水準まで押し戻されてNYを引けています。

テクニカルで見ると、119円割れ後のストップを巻き込んだ
下落で大きく下げており、ボリンジャーバンドを下抜けましたが、
バンドウォークには繋がらなかったことが確認できます。
上下ともにバンドが下向きになっていることからドル軟調地合と
受け取れますが、下落の勢いは強くないように見えます。

MACDを見ても、マイナス圏にあることからドルは下方向を
向いていると思われるものの、シグナルとは交錯しながら
動きていることから、目先では118円を割れて一段と
下落が加速するのは難しいものと思われます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes