TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/1/5のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/1/5のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京時間では前日の急落の
反動もあり、また仲値公示にかけては、国内輸入企業など
休暇から明けて本格参入してきた実需筋を中心とした
ドル買いが観測されドルが堅調な動きとなりました。
続落で始まった中国株や日経平均株価が一時プラス圏に
浮上するとドルは正午過ぎに119円70銭まで反発しました。

しかし、その後は短期筋の戻り売りに押され徐々に
値を消し、NY時間でも中国経済や中東情勢への懸念が
存続したほか、原油安を嫌ったリスク回避の動きが
優勢で上値を抑え119円を挟んだ動きが続きました。

テクニカルでは、ドルの反発でもボリンジャーバンド
達することができず、下落時にはロアーバンドにタッチ
していることから、ややドル売り優位に見えます。
ただし、その局面でもバンドウォークには繋がらず、
相場に勢いがないことが示唆されています。

MACDを見てもMACDとシグナルが交錯しており明確な
方向性が見出せませんが、水準的にはともにマイナス圏に
あり、これもドルの軟調さを表しているといえるでしょう。

市場では、昨年10月15日につけた118円07銭を意識しており、
週末の米雇用統計に向けてはこの水準の攻防が注目されます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes