TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、先週末のドル急落の反動も
あり、ドルのショートカバーが先行して始まりました。
日経平均が大幅に下落したことでリスク回避の流れが
続いているため上値は限定的でしたが、欧州参入の
時間では一時121円台を回復する動きとなりました。

この上昇では、ボリンジャーバンドのアッパーバンドに
触れることができず、上昇力の弱さを確認した形となっています。

NY時間に入ると、米原油先物価格が一時約11年ぶり
安値を付けたことを嫌気してドル/円は11月2日以来の
安値120円36銭まで下落しました。

この下落時には、ボリンジャーバンドを下抜けていますが、
バンド幅の拡大は伴わず、バンドウォークには繋がりませんでした。

その後、米原油先物価格が35ドル割れで下げ渋り
反発すると米国株も上昇へ転じ、ドルも買い戻される
動きとなり121円水準まで値を戻しています。

米連邦準備理事会(FRB)が16日に利上げに踏み切ることは
確実視されているものの、その語の声明で今後の利上げペースに
ついてどのような方針を示すかについての市場は注視しており、
声明内容が確認されるまでは神経質な取引が続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes