TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/11のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、原油安によるインフレの低下懸念や株安が
リスク回避の円買いに繋がり、週央には11月以降のボックス相場を
下抜けて121円付近まで下落、さらに週末には国際エネルギー機関(IEA)
のレポートを受けて原油価格が一段と下落したほか、ハイイールド、ジャンク
債市場への警戒感が高まったことで120円59銭の安値をつけました。
今週の米利上げを既に市場は織り込んでいることから
上値を追いにくかったこともドル下落の要因のひとつと指摘されます。

テクニカルでは、ドルの上昇基調が一旦打ち消された形となっています。
一目均衡表の転換線が基準線を下回り、遅行スパンは陰転、
相場は先行スパンの雲の中に入ってきてしまっています。
122円~124円のレンジをクリアーに下抜けてしまったことで、
この水準が上値抵抗となり上値を重くしています。

今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げが確実視されていますが、
声明文と同時に公表される米連邦準備理事会(FRB)の物価・成長見通しや
その後のイエレンFRB議長の会見内容に注意したいところです。
原油の一段安や鈍い賃金動向、景況感の鈍化から利上げペースの
鈍化が意識されると、ドルに対するリスクが高くなるといえそうです。
この場合、米利上げを見込んで投機筋を中心に積み上げてきた
ドルロングを年内に圧縮する動きが強まる可能性もあり、
FOMC後もドル売りが継続される可能性もあるでしょう。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes