TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/11/11のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/11/11のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、朝方123円前半で推移していたものの、
その後じりじりと値を下げ午前の取引で一時122円74銭をつけました。
市場ではここ数日、123円のミドルから上をトライしているが、なかなか抜けないので、
しびれを切らした投機筋が利益確定の売りにまわったとの指摘があります。

123円付近では、損失確定売りオーダーもあり、下落に若干弾みがつき、
ボリンジャーバンドの下抜けと軽いバンドウォークが見られました。

東京午後から欧州時間にかけては、押し目買いが入り123円台を回復する動きとなりました。

その後は、米国債券市場がベテランズデーで休場のなか、株安を嫌気したリスク
回避の動きが優勢となり、ドルは再び123円を割り込む動きでNYを引けています。

MACDを見ると、MACDとシグナルが交錯しており明確な方向性を感じないものの、
ともにゼロ水準を下回っていることから、ややドルの上値が重い状況が確認されます。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes