TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/4/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/4/10のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/04/09)(PDF)

●デイリーレポート
4月10日のドル/円相場は、東京朝方は日経平均の下げに伴い
前日安値と並ぶ106円62銭まで下落しました。
しかし、その後に中国の習近平国家主席が
ボアオ・アジアフォーラムの演説で金融の開放措置、
外国企業の知的財産保護、自動車などの輸入関税引き下げなどに
言及し、改革開放路線を堅持する姿勢を示したことを好感し
ドル買いが優勢となり107円台を回復する動きとなりました。

欧州時間に入ると107円を挟んで一進一退の動きが続きましたが、
NY時間に入り米国株の上昇を受け、一時107円40銭の高値を付けました。
取引序盤に発表された米国の卸売物価指数(PPI)が
予想を上回ったものの、市場への影響は限定的でした。

NY引けにかけては、本日発表の3月の米消費者物価指数(CPI)と
3月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容を見極めたいとの
思惑も強く、ポジション調整もあり107円20銭水準へ押し戻されています。

中国の習近平国家主席の発言で米中貿易摩擦を巡る懸念が後退したことで
ドルは値を戻していますが、先週上値を止められている107円半ば水準まで
達しておらず、この水準を上抜けることができるかが注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes