TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/4/4のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/4/4のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/04/02)(PDF)

●デイリーレポート
4月4日のドル/円相場は、東京時間は106円台後半で方向感のない動きが続きました。
ただし、やや上値が詰まった動きでMACDも売り転換していることが確認できます。

欧州時間の序盤に入ると、中国系メディアが「中国政府は106品目の
米国製品に500億ドル規模の報復関税を実施する」と報じたことを受け、
米中貿易摩擦への懸念からドル売りが進み、一時106円割れまで下落しました。

ただし、この下落でボリンジャーバンドを下抜けたものの、
バンドウォークは示現せず、一段の下落にはつながりませんでした。

NY時間に入ると、3月の米ADP雇用統計(※1)の発表があり、
民間雇用者数が前月比24.1万人増と市場予想を上回り、
前月分も同24.6万人増に上方修正されたものの、
3月の米ISM非製造業景気指数は58.8と市場予想を下回り、
3カ月ぶりの低水準となりましたが、ともに相場への影響は限定的でした。

NY時間中盤では、米中貿易摩擦問題でロス米商務長官や
クドロー米国家経済会議委員長が最終的には交渉で解決するとの見方を
示したことを受け、ドルの買い戻しが優勢となり、一時106円85銭まで上昇しました。
大幅に下落していた米国株式が、大きく持ち直し前日比プラスに
戻ったことも、ドル買いをサポートしたとの指摘もあります。

今週に入って、ドル/円は下値を切り上げてきており、ドル底打ち確認には、
先週の高値107円01銭を上抜くことができるかが注目されます。

※1.ADP雇用統計とは
米国の民間雇用サービス会社ADP(Automatic Data Processing)が
公表する全米の雇用統計リポート。
雇用統計(翌月の第1金曜日公表)の2日前に発表され、
失業率と非農業部門雇用者数の増減が特に注目される。
米雇用統計の先行指標とされる。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes