TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/26)(PDF)

●デイリーレポート
3月27日のドル/円相場は、東京朝方からドルの買い戻しが優勢で一時105円75銭まで上昇しました。
しかし、その後はドルの上円も重く105円台後半で方向感のない動きが続きました。
注目されていた佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問ですが、
市場への影響はほとんどありませんでした。

欧州時間序盤に105円台半ばまで下押したのち、
米中貿易戦争への懸念が緩和されたことなどを材料に105円90銭の
高値を付けましたが、NY時間に入ると3月のリッチモンド連銀製造業指数(※1)が
+15と市場予想や前月を下振れし、同時に発表された3月の米消費者信頼感(※2)も
127.7と、市場予想や前月を下回ったことからドルは反落し、さらにその後
NYダウが下落に転じるとドル売り圧力が強まり105円34銭の安値を付けました。

MACDを見ると、東京午後には売り転換しており、
NY時間の高値更新でも買いに再転換することができなかったことで、
NY引けにかけてのドル売りが示唆されていたといえそうです。

昨日のドル買戻しでも106円台を回復することができず、
ドルの上値は重い印象が強まっています。

※1.リッチモンド連銀製造業指数とは
リッチモンド連銀製造業指数とは、リッチモンド連銀(連邦準備銀行)が
毎月の第四火曜日に発表するバージニア州やノースカロライナ州の
製造業の景況感を表す経済指標のこと。
220社を対象に半年後の期待値などを質問し、
それの答えを指数化したもの。

※2.米消費者信頼感とは
米消費者信頼感とは、民間調査機関コンファレンス・ボードが発表する
消費者に対するアンケート調査を基礎に消費者のマインドを指数化したもの。
1985年を100として、毎月の最終火曜日に発表される。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes