TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/5のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/5のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/05)(PDF)

●デイリーレポート
3月5日のドル/円相場は、東京時間から欧州時間にかけては、
105円40銭~50銭水準での小動きが続きました。
ドルの上値は重いものの、105円割れを試しに行く勢いもなく、
模様眺めムードの強い取引となりました。

テクニカルでは、MACDが先週末のNY時間に
ドル買いに転換しており、これもドルの下支え要因となりました。

NY時間に入ると、2月米ISM非製造業総合景況指数(※1)が59.5と
予想を上回ったことや、米債利回りが上昇基調となったことを受け、
ドルは上昇し一時106円24銭まで値を戻しました。
共和党のライアン下院議長がトランプ大統領に鉄鋼や
アルミニウムの輸入関税計画を進めないよう要請したとの報道も
ドル買い要因になったとの指摘もあります。

このドル上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けと
バンドウォークが形成されていることが観察できます。

先週末に続き、昨日も105円割れを試せず
反発していることで、ドルの底抜け懸念は後退しており、
本日も106円台前半での底堅い動きが期待されます。

※1.ISM非製造業総合景況指数とは
ISM非製造業景況感指数とは、全米供給管理協会が
毎月第3営業日に発表する、非製造業の景況感を示す指数のひとつ。
ISM製造業景況感指数(毎月第1営業日発表)とともに、
米国の景気先行指標として注目される。
50%を分岐点として、上回ると景気拡大、下回ると景気後退を示す。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes